2011年04月06日

【登山】秋の涸沢・北穂高A

更新遅くてすいません。。


2日目


IMG_0376.jpg
奥穂高と涸沢岳。朝からモルゲンロートを見ながらの朝食こんな素敵な朝は都会ではそうない。


IMG_0379.jpg
朝焼けの北穂高


IMG_0402.jpg
少し雲があるがとても良い天気。
この日頂上を目指す北穂高


IMG_0411.jpg
朝飯と身支度を済まして北穂高山頂に向かう。
普段はすべての荷物を背負って行かなければいけないが涸沢に今日も泊まるので
最低限の荷物だけで頂上までアプローチできる。こんな嬉しい事はないw


IMG_0412.jpg

IMG_0418.jpg
穏やかな朝


IMG_0413.jpg



DSCN3828.jpg
いきなり急な岩を登る


DSCN3833.jpg
サバイバル
数週間前に北穂高に数十回も登っていた登山写真家の方が滑落で亡くなったらしい。
気を引き締めなければ。

IMG_0429.jpg
この辺から俺だけ何故か花粉症の症状が出てきて鼻水ボタボタに。なぜこんな時に。。。


IMG_0447.jpg
しかしすごい景色。登ってきたね。


IMG_0443.jpg
人がこの辺は全然いない贅沢な時間。でも鼻水ボタボタ。。


IMG_0446.jpg


IMG_0445.jpg
まだまだ登るよ〜。


IMG_0439.jpg
初ハシゴ意外と怖いかも。
写真にはないが鎖場におびただしい血のりがべったりだった。前日おばちゃんが落石で頭切ったらしい。


IMG_0440.jpg
ビビらずがんばれ!ちょいパンチラ風。


IMG_0452.jpg
右に常念岳。本で見た通りピラミダル〜♪


IMG_0449.jpg



IMG_0451.jpg



IMG_0457.jpg
上りはじめて3時間ちょいで北穂高頂上


IMG_0454.jpg
目の前に槍ヶ岳


IMG_0463.jpg
ズームで槍


IMG_0477.jpg
ズームで常念岳


IMG_0455.jpg
個人的にお気に入りの笠ヶ岳。形がかわいい。


IMG_0489.jpg
今年は必ず行きたい裏銀座方面(多分)


IMG_0481.jpg
腹減り過ぎて我慢できずクッキーむさぼる


IMG_0491.jpg
頂上にある北穂高小屋で昼食。人も少なず静かでまったり。
そうこうしてたら天気も曇りはじめたのでコーヒー飲んで下山の準備


DSCN3840.jpg
そして下山開始


IMG_0516.jpg

IMG_0517.jpg
こんな鎖場や


IMG_0518.jpg

IMG_0519.jpg
こんな鎖を下る。なぜアンタ鎖使わんの?


DSCN3836 22-33-32.jpg
圧巻の前穂高岳の北尾根


IMG_3865.jpg
こんなとこにも蝶々が。タイミングよく止まっててくれた


IMG_3883.jpg
秋色ですな


IMG_3866.jpg
あとちょっとで涸沢。この辺から雨が降ってきた早めに戻ろう。


IMG_3887.jpg
テント場ももう目の前。


IMG_3898.jpg
雨本降りになる前にギリでテント到着。


そして晩ご飯食べて2日目が終了。

翌日は朝からずーっと雨。。。
そんな雨の中6時間かけて下山、手はふやけてシワシワ、
Goretexのジャッケットも昔からずっと着てたものだったかから
全然水を弾かず身体ブルブルになり低体温症の意味がわかったかも。
だから今年はGoretexのProshellを上下購入しました。
上高地について久々にまともなご飯とビールを飲んで
帰りの高速バスは爆睡でした。

さあ今年の準備は全て整った!
どっから行こうかなーお楽しみ!

今日は八王子のスケートパークに行ってきました!
guru's famのみなさんとナオ&ルイちゃん
超久々にあったヤスやアカチメンや淳之介なんかも来てて
おもろかったけど開始1時間で左足首の爆弾が大爆発して
全然滑れなかった。。
やった瞬間痛すぎて冷や汗出た。
かなりおもしろいパークで完治したらまた行きたい。


なんで多分1ヶ月はスケート自粛して治療に専念します。
スケートも登山もできなくなったら生きてる意味なくなっちゃうんで。

peace♪





posted by じじ at 23:41| 東京 ☀| Comment(0) | 登山 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月21日

【登山】秋の涸沢・北穂高@

今回は去年の秋10月7日から2泊3日で紅葉を観がてら
北アルプスの涸沢・北穂高に登りにで行った時のお話です。

今回は深夜バスで行くため仕事を終えすぐ家に帰り風呂に入って2泊3日分の食料と明らかに登山用じゃないバカでかい
colemanのシュラフ(もう2度と登山では使わない。。)を詰めて80Lのザックパンパンの荷物を背負って
23時に西新宿のバスターミナルを出発。
出発後すぐにバス車内の電気を消され寝てくださいという雰囲気。でもこんな狭きゃ寝れねーって。。
夏以来の登山だったので高まりを押さえきれずつまみ食いながらビール飲む。
ですぐ海老名で休憩、本当こんなペースじゃ寝てもすぐ起こされる。
酔いも回ってそっから3〜4時間くらいどうにか就寝。寝ないと明日歩けないからね。
で順調に朝5時位に上高地バスターミナルに到着。
まともな飯はこっから2日間食えないから食堂で定食をありがたくたいらげる。

10月の長野の山奥だから外はかなり寒い。
ストレッチを十分に行い登山届けを提出してさあ出発!
初日は涸沢までの道のり通常だと6時間ちょいくらいで到着予定。
朝靄の中かっぱ橋を横目に梓川沿いの薮をずーっと歩く。
徐々に明るくなってきて雲もあまり無く初日は良い天気に恵まれたっぽい。

薮を抜けるとまた梓川沿いに出てきて景色が抜ける

DSCN3739.jpg
気持ちよい秋晴れの朝


DSCN3753.jpg
ノリで詰めすぎた荷物が重いのに無理してる。

DSCN3750.jpg
気持ちー♪

毎度の事初日は体力もあるし今回天気にも恵まれたので
気持ちアゲアゲで歩ける。
順調に2時間くらいで徳沢に到着。小川の横で軽くコーヒ飲んだり
一服したりして休憩して次は横尾に向かう。


DSCN3755.jpg
少しずつ紅葉っぽい色がちらほらと。


DSCN3756.jpg
マイナスイオン出まくり


DSCN3757.jpg
森林限界な高い山が見えてきた。


IMG_0128.jpg
そんなこんなで徳沢から1時間ぐらいで横尾に到着。


IMG_0132.jpg


DSCN3759.jpg
きれい。まわりはおじちゃんおばちゃんばっか。
ここまでは観光客が多いみたいね。

DSCN3768.jpg

DSCN3783.jpg
横尾はトイレぐらいですぐに出発。橋を渡ってからは
さっきと道が変わってきて登山っぽくなってくる。

IMG_0139.jpg

IMG_0141.jpg
標高が上がるにつれ紅葉してる木が増えてくる。

IMG_0144.jpg
横尾から1時間くらいで本谷橋について休憩。この辺からいいかげん荷物重くて辛くになってきた。


ここからは涸沢まで休憩する場所は特にない
腹が減りすぎて体に力は入らなくなってきて
キャラメルやピーナッツでその場をしのぐ。
写真は無いけどこの辺が狭くて同じ感じの道が長くてだりー。


IMG_0153.jpg
ハァハァ言いながら歩いてたら景色が開け紅葉真っ盛り!!


IMG_0154.jpg
息をのむ絶景で疲れが飛んできた!


IMG_0158.jpg
真ん中が奥穂高。右端の涸沢槍がかわいい。カメラおじちゃん達撮りまくり。


IMG_0164.jpg
しばし休憩もかねて景色にひたる。ナナカマドの赤とダケカンパの黄色が超綺麗。


IMG_0167.jpg
しかし鮮やかだね〜♪


IMG_0179.jpg
いつまでも休んでられないので再び出発。紅葉に囲まれてるからさっきより気持ち楽。
この辺で野生の猿に遭遇、俺ビビるけど彼女さん近づいてく危ないからやめてほしい。。


IMG_0182.jpg
屏風岩が見えてきた


IMG_0181.jpg
右も左もこんな感じ


IMG_0192.jpg
まだまだ歩く


IMG_0195.jpg
そろそろ着くかな〜?って俺はこの時もうへとへとになってます。


IMG_0200.jpg
登ってきたね〜。


IMG_0207.jpg
ナナカマド。遠目から見た方がもっと赤い気がする。


IMG_0212.jpg
午後14時に上高地から7時間位で今日泊まる涸沢(標高2300m)に到着!疲れた〜。


IMG_0215.jpg
憧れの秋の涸沢カール。おじさん頭邪魔。。


IMG_0251.jpg
ここでなぜか彼女さんが長野テレビにインタビューされてる 笑
『あなたは俗に言う山ガールですが今日のコーディネートの特徴は・・・』とか
何か気まずい事聞かれてた。

今日明日と2日間涸沢ヒュッテの貸テントに泊まる。
今日はゆっくり星空見たりのんびりして明日の朝から
北穂高山頂に向かう。


IMG_0265.jpg
テントからの景色(山側)


IMG_0279.jpg
テントからの景色(谷側)


IMG_0283.jpg
とりあえず着いたらビール飲みながら初めてのガスバーナー使ってのご飯!
カルディで買ってきたタイ料理のレトルトと無理して持ってきたプレミアムモルツ。
こりゃ酒効くで。


IMG_0285.jpg
こんな景色見ながら


IMG_0293.jpg
飯食ってビールは最高!もう東京帰りたくない。


IMG_0297.jpg
しかし楽しい時間は早いものでどんどん暗くなってくる


IMG_0305.jpg


IMG_0323.jpg


IMG_0326.jpg
暗くなったらいつになっても上手くとれない星空撮影
北斗七星。死兆星見えてたらラオウに殺されるよ。


IMG_0329.jpg
ぶれてるな。


IMG_0330.jpg

IMG_0331.jpg
ライト持ってる人が歩いてるとすごい事になっちゃう。

夜は意外と気温5度前後あったから全然寒くなかった。
やっぱ山小屋よりプライベートがあってテントの方が良いな!

初日終了

【登山】秋の涸沢・北穂高Aに続く
posted by じじ at 06:11| Comment(0) | 登山 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月11日

登山 ー白馬岳編Aー

こないだの白馬岳の続き!
前回はこちら → 登山ー白馬岳編ー(http://jiji-co.seesaa.net/article/184282083.html

でもっていきなり夜の写真からスタートです。


IMG_9397.jpg
暗い写真ですが下の方がちょっと明るいでしょ、これ雲の下で雷が鳴ってるの。


IMG_9398.jpg
ピンボケしてるむずかしい。。


IMG_9395.jpg
お星様。拡大しないと暗くてわからん。




IMG_9405.jpg
夜明けがきた


IMG_9406.jpg
明るくなってきた〜


IMG_9415.jpg
ご来光


IMG_9423.jpg
出てきたー。


IMG_9426.jpg
劔岳。ド渋


IMG_9430.jpg
雲きれい。


IMG_9432.jpg
きれいな色


IMG_9439.jpg
いいなあ。


IMG_9433.jpg
雲海。


IMG_9465.jpg
雲海A


IMG_9449.jpg
暖かくなってきた


IMG_9454.jpg
ヘリが飛んできた


IMG_9455.jpg
白馬岳&ヘリ。


IMG_9459.jpg
山小屋からなんか持って行っちゃった


IMG_9469.jpg
山小屋に戻り朝食。山で暖かい部屋でご飯が食べれるのは
大変ありがたいが正直ご飯もマズいし寝床でダニに刺されるわで辛かった。。
で一人一泊9000円て結構な商売してんなー。今年は絶対テント買う。テントなら一泊500円だし。


で身支度を整えて出発。
本当は標高2000mくらいにある鑓温泉に行く予定だったが
山小屋の人に聞いたら下山・入浴合わせて10時間くらいかかるから
初心者ならルートかえた方が良いかもよと
言われたので結局白馬大池経由で栂池自然園のルートに変更
およそ下山まで8時間の縦走。

昨日は天気よかったが今日は朝から頂上付近は雲の中。
だが希望を持って白馬岳頂上へと登る事30分。


IMG_9470.jpg
白馬岳頂上2941m(多分)はい残念、視界ゼロ。。
こんだけ視界がないと見えるものもないし居座りようもないのですぐ出発。


IMG_9479.jpg
時折ガスが抜けてこのくらいは見える。


IMG_9475.jpg
でもまたすぐ雲に覆われる。晴れてたら日本海も見えてきれいなんだろうな〜。
その後長野・富山・新潟の県境の三国境を超える


IMG_9473.jpg
小蓮華山頂。ここも視界ほぼゼロ、仕方ないこれが自然ってやつだ。


IMG_9487.jpg
歩く事3時間くらい。しかしガスった中ずっと歩いてるとあの世に見えてくる。


IMG_9494.jpg
雲が抜けて何て山かわからんが出てきた。アガる!
この辺でタバコすったり水分補給して休んでたら昨日ブユに刺された場所が痛がゆい。
見てみたら500円玉くらいの大きさのでっかい水ぶくれができて穴開いて変な液出てる。
何じゃこりゃ。しかし何のやりようもないのでたまにティッシュで拭きながら歩き続ける。


IMG_9496.jpg
雲が抜けて白馬大池がいきなり出てきて感動。ラピュタみたいな登場のしかた。
長い事歩いていると目的地が見えるとかなり希望が湧く。


IMG_9504.jpg
あとちょっとで飯が食える!


IMG_9500.jpg
チングルマ。


出発から4時間くらいで白馬大池に到着。
メチャクチャ腹減ってたから丼とおにぎりと禁断のビール。
飲んだらそっこう顔真っ赤。登山者の顔じゃない。
出だしは酔いの勢いで余裕ぶってたが本当大丈夫か。。


IMG_9512.jpg
ここはいい場所だ。次回はここでテン泊しよう。


IMG_9520.jpg

IMG_9517.jpg
ちょっと休憩がてらひたる。


IMG_9514.jpg
ぼちぼち行くかぁ。


IMG_9511.jpg
こんなゴロゴロな岩山登る。


IMG_9522.jpg


IMG_9523.jpg


IMG_9525.jpg
これで3つ目の頂上。白馬乗鞍岳。
ここからはひたすら下り。


IMG_9528.jpg
急に雰囲気が変わりこっから結構歩きにくい下りに


IMG_9530.jpg
本当鬱蒼として静かで恐いくらいの瞬間もある


IMG_9532.jpg
段が深くて疲れる。


IMG_9538.jpg
ぴょんぴょん降りてったら楽


IMG_9544.jpg
これ登り辛いそう〜。


IMG_9549.jpg
ここで一気に視界が抜けて下にジャングルが広がる


IMG_9551.jpg
広っ。熊出そう。。

IMG_9556.jpg
たまに獣のにおいがする。熊恐いから歩きながら鈴鳴らしまくる。


IMG_9558.jpg
彼女さんもそろそろ疲れてきたね〜。下りはヒザにくる。


IMG_9573.jpg
???


IMG_9578.jpg

IMG_9563.jpg
天狗平(標高2180m)に到着

IMG_9588.jpg
もう疲れてきた〜。。


IMG_9590.jpg
終わりが近づいてきて川も大きくなってきて。


IMG_9596.jpg
栂池自然園にヘトヘトでゴール!
ついた瞬間ソフトクリームゲット。
お疲れさま。超疲れたけどあの天国にも地獄にもなるような景色、厳しさ、達成感。
こっから温泉入って死にそうになるぐらい眠い中車で帰りました。

これで完璧に登山にハマったとさ。


peace♪
posted by じじ at 21:11| Comment(0) | 登山 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。